ブログ

2018 / 10 / 28
12:32

黒皮について

36239FE4-BE6B-4FE1-98C9-CE5EC4F65FAF.jpeg
アイアンの魅力の一つに「黒皮」があります。
この黒皮は後から加工して付けている訳ではなく、アイアンを精製する際に自然に発生する、「錆」の一種です。
「錆」と聞くとあの赤茶色の「赤錆」をイメージされるかもしれませんが、黒皮とは全く別の物です。
赤錆は鉄の内部まで侵食し、手で触ると赤い色が付いてしまいます。
対して黒皮は鉄の表面だけに発生し、内部までは侵食しません。
黒皮がついている箇所には赤錆が発生し難く、鉄本体を守る役割もあるんです。
サニーサイドスタジオの製品はクリアラッカーで錆び止めをしているので、サビの発生はとてもゆっくりとしたものになります。
量産品のようにペンキで塗装をしていないので鉄本来の黒皮や、溶接跡、加工の際に付く削り跡などをそのまま見る事が出来、それらがデザインの一部となっています。
「鉄」という素材が持つ味わいや経年変化を楽しんで頂けると思います。

 

Today's Schedule