ブログ

2018 / 04 / 11
23:15

ホームセンターで売っている100Vの溶接機を使ってみた

こんにちは。サニーサイドスタジオの高嶋です。

 

先日ワークショップに参加されたお客様から「昔ホームセンターで買った溶接機がうまく使えない」

というご相談を受けました。自分自身100Vの溶接機を使ったことが無かったので、実際に機械を持って

きて頂き試してみました。

本体は20センチ四方くらいの金属製で、オン、オフのスイッチしか付いていないシンプル設計。

電流の調整もできないので、板厚に対して微調整する。という基本的な操作もできませんでした。

ただ実際に溶接してみるとアークの吹きも悪くなく、ビードもそれなりに付いてくれ、「意外に使えるな」という印象。

本職でバリバリするには厳しいですが、趣味で使う分には十分だと思いました。

ただアークスタートが難しく、溶接棒が母材にひっついて溶接どころではありませんでした。

初心者の方が一番難しく感じるのはスタートの部分だと思うので、初めて使った初心者が「やっぱりホームセンターの溶接機はダメだ」と思ってしまうのも無理はないかと…。

初めての方にはノンガスの半自動の方が使いやすいですねー。トリガーを引くだけでアークが出ますので。

ただ金額が手溶接機が1〜2万円に対し、半自動は安いものでも3万円後半から…。

独学で溶接をするにはちょっと躊躇する金額ですね。

半自動が2万円前半で買えればもう少し溶接をはじめる人も増えるんじゃないかと思うんですけどね!

その辺はメーカーさんの企業努力に期待したいところです。

もしくは1万円台の溶接機でも上手に使いこなせるように練習をする。ですね。

 

もし溶接機を買おうか迷っている方にアドバイスするなら、

「安い溶接機は腕がないと使いづらい。」でしょうか。

正解が分からないまま練習をしても、上手くなりっこないと思いますので、一度はプロ用の溶接機で「正解」

を体感しておくことは必要だと思います。

 

最近溶接をやってみたけれど挫折した。とか。難しいのでもうやらない。という声を頂きます。

溶接機は売っているけど、使い方を教われるところが無いんですよねー…。

知り合いに鉄工所勤めの人がいる。という方以外は、完全独学ですもんね。

 

溶接教室を開催しようか、真剣に検討中です…。

 

Today's Schedule