ブログ

2017 / 11 / 25
23:19

【溶接DIY】溶接工被っているお面は何の為?

D514A1CD-110A-4FE5-B2CD-684DB35838AF.jpeg
こんにちは。サニーサイドスタジオの高嶋です。
「溶接やっています」と自己紹介すると、「あのお面被るやつ!?」といわれるくらい
一般の方には、溶接=お面というイメージがついているようです。
あのお面は何の為に被っているかというと。
1 溶接の光から目や顔を保護している
溶接の光はアークといいますが、アークを数秒間肉眼で見ると、その晩目がゴロゴロ、シバシバして眠れません。「目を焼いた」という言い方をしますが、強い紫外線で目が炎症を起こし涙が止まらなくなる等の症状が出ます。一晩寝ると大体は治まるのですが、溶接作業に慣れないうちはよくやりがちなやつです。
2 火花から肌守っている
溶接をするとアークの他に「スパッタ」と呼ばれる鉄が溶けたものが、飛び散ります。スパッタは大変高温なので保護の為に溶接面を被ります。
ちなみにお面の目の部分には濃いサングラスのような「色ガラス」と、
色ガラスを保護する為の透明なガラスの2枚が入っています。
色ガラスには濃さや色味に種類があり、個人の好みや視力によって好きなモノをチョイスしています。
頭に装着し、両手が使える「被り面」と片手で持って使う「手面」の2種類がありますが、両手が使える被り面の方が
片手で体を支えることができ、溶接中の姿勢維持がしやすいのでどっち選ぶか迷ったら、被り面が良いと思います。
他にはアークの光を感知して、自動で透明なガラスから色ガラスに切り替わる「自動遮光面」という優れものもありますが、安い物だと上手く感知せずモロにアーク見てしまうといった事も聞かれます。どの程度で反応するか確認してから使いましょう。
溶接には身を守る為の様々な保護具があります。
慣れてくるとないがしろにする職人さんもいますが、ケガ元になるので、保護具は常にチェックして、万全の態勢で挑みましょう。

 

2017 / 11 / 17
21:39

オーダーメイドはハードルが高いお買い物なので。

1E61E8FC-A4B8-4379-B307-1D6E76C7998A.jpeg
本日も数組のお客様にお越し頂きました。
ありがとうございました。
サニーサイドスタジオの2階にはアイアン家具や雑貨、店舗什器のショールームになっています。
基本的には製品を見て頂き、お好みのサイズや、仕様をオーダー頂いています。
なのでお店に来て頂いても、すぐに欲しいものが手に入る訳ではありません。
ご来店頂き、お話を伺い、用途をお聞きし、ご希望や拘りをお伺いする。
そして簡易な設計図とお見積もりをお出しします。そして納得をして頂ければお支払いを頂き、製作を開始します。
打ち合わせに数日かかる場合や、製作も数週間かかる物もあり、お店に行かなくてもワンクリックでお買い物が出来る時代としては、お買い物のハードルはとても高いと感じます。
それでもハードルを超え、サニーサイドスタジオを頼って来て頂けるお客様もいらっしゃる訳で、その分困っていたり、こだわりがあったりと様々な理由があります。

 

高いハードルを乗り越えて来て下さるお客様の期待に応えたいし、せっかく来て頂いたのだから心から満足して頂けるものを作りたい。そんな想いで毎日工房に立っています。
今後、もう少しお客様がオーダーをし易い環境を整えていきたいと思います。
2017 / 11 / 10
23:03

開店1ヶ月を過ぎて

こんにちは。

サニーサイドスタジオの高嶋です。

 

9月の28日に正式オープンして1ヶ月が経ちました。その間かなりバタバタと動き回っていて、特に定番商品や小物の製作、修理のお仕事なんかをさせて頂きました。少しづつですがサニーサイドスタジオの事を認知して頂けるようになりました。

色々お問い合わせを頂き、お話を聞いている中で感じるのは、溶接はやっぱり身近な存在ではないようですね…。

修理にしても頼む場所が無かったり、頼み方が分からなかったり。そもそも金属は丈夫なモノだけど、壊れてしまうと修理出来ない。という声も聞かれました。

「溶接を身近に感じて、DIYとして気軽に楽しんで欲しい」という想いでサニーサイドスタジオを立ち上げましたが、世間ではなかなかそこまで至っていないのが現状のようです。

だからこそサニーサイドスタジオが存在する意義があると思うので、もっと認知して貰い、金属の事で困っている人の役に立ちたい。その為にはもっと自分自身技術や知識を身につけていかないといけない。色々なオーダーに応えられるようにセンスも磨かないといけない。と自分に足りない事だらけだと感じます。

アイアン家具や什器にしてもオーダーの仕方がわかり難かったり、お店の外観も改善する箇所もあったりと問題山積みですが、楽しんで少しづつ進めて行きたいと思います。

これから自分に何が出来るのか、何をすれば人の役に立てるのか、しっかり考え、一歩ずつ進んでいきます。

 

今月から溶接のワークショップを開催しますが、お客様の声を聞きながらアイアン家具の教室なんかも出来たら良いなとも思っています。木工と溶接が一緒に学べ、希望者には溶接の公的資格の取得に向けての練習会なんかも開催する。という妄想もあります…w

やりたい事は山ほどありますが、歩みはノロノロなのでみなさんお付き合い下さい(^^)

さー2ヶ月目も頑張ろう。

 

 

2017 / 10 / 23
22:08

2017年11月19日(日)溶接体験ワークショップ開催します!

こんにちは。サニーサイドスタジオの高嶋です。 
2017年11月19日(日)「アイアンツリーをつくる」溶接体験ワークショップを開催します。
A18A947C-ED7C-4E61-A58D-B46F6D40C6ED.jpeg
90AE39FA-0C24-43C2-8C77-2EB18489E354.jpeg
A754E03B-2FEC-4E77-B9BC-5A06CB3146C2.jpeg
溶接でDIYしてみませんか?
DIYが流行っていて色々なモノづくりを自分でやってみよう!という人が増えてきています。
それでも溶接でモノを作る機会はなかなか無いですよね!?
サニーサイドスタジオでは鉄工所の仕事を身近に感じてもらい、溶接をDIYの一つとして楽しんでもらう為、初心者の方でも簡単に楽しんで貰えるワークショップを開催することにしました。
実際溶接をしようと思うと、溶接機はもちろんのこと、様々な道具や身を守る為の装備が必要になってきます。
広い場所も要りますし技術も必要…。
ワークショップでは必要な道具は全てご用意しており、プロ用の溶接機も使う事ができます。
はじめての方や女性の方でも安全対策から溶接のコツまでレクチャーさせて頂きますので、お気軽にご参加下さいね。
「鉄を溶かしてモノをつくる」というワンランク上のDIYを体験してみませんか?
今回ワークショップで製作して頂くのは「アイアンツリー」です。
玄関先に置いておけば、鍵を掛けておけますし、お部屋ではアクセサリーのディスプレイになります。
サイズや形をご自身で選んで頂き、鉄を溶かして形にする。自分だけのアイアンツリーを作りましょう。
ワークショップではTig溶接(ティグ)という精密な機器を作る為の溶接機を使います。良く見る「バチバチッ!」という怖い溶接ではなく、とても静かな溶接です。溶接面越しに溶けた金属をじっくり観察する事ができるので、とてもワクワクして頂けると思います!2名以上でお申込み頂くと、参加費用がお得になりますので、皆さんでご参加下さい!
◾️開催概要◾️
日時:2017年11月19日(日)
1回目:10時〜12時
2回目:14時〜16時
開催内容:アイアンツリーを作る (Tig溶接で鉄を溶かし、自分だけの鉄の木を作ります)
人数:1回あたり4名様迄
参加費用:お一人様/3500円 (お二人様以上ご一緒に参加→お一人様/3000円)
講師:サニーサイドスタジオ高嶋+補助講師1名
講師略歴:大阪美術専門学校で金属加工を学んだ後、職業技術専門学校を経てガスパイプラインの現場溶接に携わる。
その後、革職人や、営業職、メーカー資材調達等を経験し2017年9月サニーサイドスタジオを立ち上げる。
泉南市在住 妻と1歳の娘、うさぎの4人暮らし 34歳
◾️ご用意頂くもの
・汚れても良い服装、靴(サンダルやヒール付きの靴は不可)
・髪の長い方は髪留めをご用意下さい
・長袖でのご参加をお願いします。(首元が空いた服は溶接の光で日焼けしてしまいます。首元が詰まった服装でお越しください。)
◾️ご注意下さい
サニーサイドスタジオはアイアン製品を作っている「工場」です。危険な道具や場所もあります。ケガや火傷等を負う危険性もある事を十分ご理解のうえご参加下さい。
・参加料金は当日現金でのお支払いをお願いします。
・駐車場2台有ります。
ご不明な点やご質問ありましたらお気軽にご連絡下さい。
お申込みはお電話もしくはお問い合わせフォームからお願いします。
FC7EB319-804A-4644-BECB-F70C9E1E5D01.jpeg
2017 / 10 / 17
19:59

溶接修理承ります。

こんにちは。

 

アイアン家具と「みんなの鉄工所」サニーサイドスタジオの高嶋です。

大阪泉州地域と和歌山紀北地域で溶接修理をお探しなら、お気軽にご相談下さい。

 

106C35ED-3896-4AA8-BFE3-F6EA4C64A34B.jpeg

先日ステンレス製の自転車カゴの修理をさせて頂きましたが、その際お客様から「こうやって修理を頼むところが無かった」

と言われました。サニーサイドスタジオのある泉南市は東大阪のような工業地域でもなく、鉄工所や工作所は沢山はありません。それでも金属加工を生業としている業者さんはいらっしゃいますが、個人の方、しかも一つから修理を受けている所はありません。(僕が気付いていないだけかもしれませんが)

 

鉄工所ってどんな仕事をしているの?

鉄工所と一口で言ってもメーカーからの企画で数十、数百といった数でパーツを作っているところや、1個数百万円もするような大掛かりな装置を作っていたりと、お仕事の内容は様々です。

もしこんな鉄工所に一般の方が修理依頼を持ち込んでも、とても嫌な顔をされてしまいます。ただでさえ少ない人数でイレギュラーな仕事をする余裕もないし、金銭的にも割に合いません。だから「うちじゃやんねえから帰ってくれ」となってしまう訳です。一般の方からすると「鉄で物を作ってるんだからできると思ったのに…」となってしまいますし、鉄工所からすると「そんな面倒な仕事を頼まれて困る」となってしまいます。

なのでサニーサイドスタジオでそのような困っている人の為に、一つから修理依頼を受けば一般の方には喜んでもらえるし、鉄工所様は断って嫌な顔をされずに済む。僕自身も自分の技術で喜んでもらえ、お代も頂ける、と皆が嬉しい関係ができると考えました。

※ちなみにサニーサイドスタジオはアイアン家具の製造と、店舗什器の設計、製造をしている鉄工所、もしくは工作所です。

 

鉄工所は技術を用いてお困りごとを解決するサービス業

金属の素材や状態によってはお受け出来ない場合もありますし、新しい物を買った方が安く済む場合もあります。そのような場合はキチンと何故できないのか、どうすれば困りごとを解決できるのかご説明、ご提案させて頂きます。突然「できねえよ!」とは言いませんのでご安心を。

鉄工所は薄暗くて怖いと言われることも多いですが、サニーサイドスタジオはできるだけ一般の方にも安心して利用して頂けるように、明るく綺麗な場所を目指しています。

 

溶接修理依頼はどのようにお願いすれば良いの?

溶接修理をご依頼の場合、直接持ち込んで頂いても結構ですし、遠方の方は発送して頂いても構いません。

ただし、送って来て頂いた品物が修理に適さない物であればそのまま着払いでお返しする事になります。なので事前にご連絡を頂き、 修理箇所について色々と伺います。その時点で修理出来ない場合はその旨お伝えしますし、修理できるかどうか微妙な場合は画像を送って頂くか、実物送って頂くことになります。

実物を見せて頂いてから、修理方法のご相談とお見積もりをさせて頂きます。納得頂ければ修理に取り掛かります。

修理後に入金頂き、確認が取れ次第発送させて頂きます。

 

お客様のお役に立てるよう、精一杯取り組ませて頂きます。

まずはお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

1 2
Today's Schedule